読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来へ行くはラビリンス

日常のことをかきます

「Volez,Voguez,Voyagez – Louis Vuitton」を見てきました

現在開催中の、ルイ・ヴィトンの展覧会を見てきましたよ。

jp.louisvuitton.com

4月下旬ごろにネイルやりに行った道すがら、ふらっと銀座のヴィトンの前を通ったときに「シャトルバス運行中!」って看板があって、なんだろう…?って思っていて、調べてみたら超おもしろそうな展覧会が開催されているとのこと!しかも無料!
ヴィトンは高級有名ブランド、モノグラム、みんな持ってる、みたいなくらいのイメージだったけど、ちょいちょいレポツイートも見かけて、行きたさが募っていたので週末に予約して行ってきました。
予約なしでも入れるけど、予約=ファストパスみたいな扱いで行列してても優先入場できるので、できれば予約がおすすめです。
6月19日(日)までやってるよ。

 

「旅する」ルイ・ヴィトン展

場所は紀尾井町
パッと見て駅名じゃないので何処だ?ってなりましたが、永田町と麹町と赤坂見附と四ツ谷のまんなかのあたりに特設会場ができていました。日本一号店が紀尾井町だったそうですよ。
特設会場なので入口はさすがにちょっと仮設っぽい感じ…ですが中は美術館に迷い込んだみたいな空間でびっくり。これを仮設内に組むのすごいよ。

f:id:runan1242:20160524134905j:plain



展示は全部撮影自由、おさわりNG。入ったら今回の展覧会の案内冊子がもらえます。
時系列と旅にからめた用途に沿ってヴィトンの成り立ちから200年前くらいからの当時の現物が所せましと並んでいて圧巻!
保存状態もよくて、こんな緻密なものが何世紀も前にあったなんて…って感動的です。
基本的にはバッグとそれにまつわるもの、って構成で、その時代のお洋服とか小物とかも使用風景みたいに並べてあったり収納してあったり、タイムスリップ感がありました。
昔から、用途に合わせた設計がすごかったんだな…って伝わる展示で、トランクの中にきっちり間仕切りでこの道具の場所!っていうのが決めてあるものが多くて、きゅんきゅんしました。用途限定で特化された美しさ…。
タイプライターを入れる、とか、ピクニックアイテムたちを入れる、とか、旅の身の回りアイテムを入れる、とか、茶器を入れる、とか!きっちり場所が指定されてて、運んでも動かないようになってて、「ここにあなたが入りますよ」って道具に話しかけてるみたいな箱、たいへんすばらしかったです。

f:id:runan1242:20160524140425j:plain

f:id:runan1242:20160524140427j:plain



ホテルステッカーコレクションがあったり、箱の設計図とか、当時の写真とか、コラボ図案とか、当時のお客様とのカスタマイズ指定書があったり、貴重な資料もたくさん展示されてて、タイトルの「Volez, Voguez, Voyagez(空へ、海へ、彼方へ)」をモチーフにした展示のされ方も大変オシャレで、終始ため息と「すごい…」「きれい…」とつぶやくばかり…w
壁ひとつとってもヴィトンのイメージがぎっちり詰まってる感じでした。
説明をしてくれる方もたくさんいらっしゃって、豆知識をいろいろ教えてくださいました。

f:id:runan1242:20160524140428j:plain f:id:runan1242:20160524141341j:plain


ヴィトンのシリーズでは特に、村上隆さんのコラボコレクションがものすごく好きだったので、原画が見られるなんて!と大感動…。当時世間に大不評だったけど、あのヴィトンモノグラムがカラフルになってあの目が紛れ込んでるのすごく好きだったんです…。
あと合わせてマークジェイコブズさんのモノグラムイメージアートも飾ってあってこちらもすごくよかったです。モノグラムパターンが細い線で描かれてるの、それからカスレ具合がとてもぐっときました。

f:id:runan1242:20160524140430j:plain f:id:runan1242:20160524140429j:plain



出口付近では、現地の職人さんが実際にいらっしゃって作業実演していて、実際の自分の手元と同じように作業されているんだけどテーブルも配列も所作も大変きれいで、ほんものの職人さんは存在感がちがうなあ…と思っておりました。
丁度ベルトパーツのコバの焼き締めをされていて、道具自体は見たことあるようなものなのに、手元の所作にため息…。

ポスターを頂き出口の先の物販では、今回の展覧会ビジュアルガイド的な書籍とか各国を紹介する書籍とか、今見てきた展示を総覧できる本がたくさん置いてありました。。物販で現物売ってたら買っちゃいそうね!と思ってたけど書籍関連だけだったのでひとあんしん…w

 



というわけで、写真多めでしたがこれ以上に山ほど展示してあるから、ファッションとかブランドとか興味なくてもプロダクトに興味ある人は行ってみたら超楽しいと思います。
6月中旬までの会期なので、混んでくるとは思いますが、是非!見に行って!ため息をついていてください!