読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来へ行くはラビリンス

日常のことをかきます

「ふともも写真の世界展」に行きました

週末に浅草橋のギャラリーで開催中の「ふともも写真の世界展」に行ってきました。

ふともも写真の世界展

kai-you.net


デザフェス×2、曖昧☆美少女アート展 、曖昧☆ふともも写真館、ときて展示形式では5回目の開催となる今回の展示会ですが、今まで以上にメディア露出があって、そのぶんたくさん人がいらっしゃっていて、最初のデザフェスからお伺いしていたのでなんだか感慨深い気持ちになったりしたよ。(2回目のデザフェスは設営と物販お手伝いもさせて頂きました)

今回は今まで以上に作品展示メインとなっていて、所狭しとゆりあさんのふともも写真が展示されて、「このベージュはふとももである」と強く思っていないとその認識を捨てそうになるくらいの無数の色とりどりのベージュとそれを際立たせる布と背景と小道具と、なんか脳が飽和状態になりました。360度+天井のふともも写真部屋は視覚をむしり取られる感じがする恐ろしい部屋だよ。

「ふともも写真の世界展」レポ 狂気すら感じる360度ふとももの世界!

 

前回もちょこっと展示があったけど、避暑地のお嬢さんのふとももシリーズが好きです。
今回は公式パンフレットが販売されていて濃縮版をお持ち帰りできるうれしさ!

twitter.com

自分的にはゆりあさんのふともも写真はエロさ・フェチさを感じなくて、美しい風景をゆりあさんの無機質フィルターを通して見せてもらってる感じ(避暑地でも森でも木の香りも虫の音もしないみたいな)で見てるんだけど、たくさん来ていた来場者さんの中では「エロい」「たまらない」「もうちょっと太い方が」「もうちょっとたくしあげてほしい」みたいな声がぽろぽろ聞こえてきて、人の感じ方はみんな違うの面白いなあーって思っていました。
スク水からひとすじ落ちるありがとう水もなんだか神々しくて私の目にはいやらしく見えない不思議…。

ゴールデンウィーク後の5/15まで浅草橋のギャラリーにて開催中ですので、自分好みのベージュの2本線を探しに行ってみてはいかがでしょう?ということで。
休日のおやつタイムくらいに行ったので5階までの階段ぐるぐるっと並んでいたけれど、並ばず入れるオフピークタイムもあるようなのでゆりあさんのツイートでタイミングをみて行くと良いと思いますよ!

そんなところで。